古銭買取りの豆知識、天保通貨の特徴について

天保通貨は百文通用として、1835年の天保6年の時代に鋳造されていた貨幣の一つです。
古銭には金貨や銀貨、銅貨等の種類が在りますが、江戸時代の中では金貨は東国や上級武士のためのもので、通貨単位としては両・分・朱と言う3つが在り、銀貨は両国や下級武士、商人などのためのもので、貫・匁・分と言った3つの通関単位が在りました。
また、銭貨は全国の庶民や農民などのためのもので、通貨単位には貫・文の2種類が存在していたのです。
因みに、天保通貨百文と言うのは、現代のお金に換算した場合、銭1文が約12円になると言われているため、現代の貨幣の価値で言えば、1200円相当になります。
但し、現代と江戸時代の物価と言うのは全く異なるため、現代から見れば、銭1文と言うのは高額な金額であったとも言われています。
尚、銭貨、銀貨や金貨と言った古銭と言うのは古銭買取りのお店に持って行くことで価値を知ることが出来ます。
古銭商というのが古銭買取りを行っているお店で、お店には古銭に詳しい目利きと呼ばれている鑑定士がいるため、鑑定士により買取り価格が決まり、売ることが出来ると言う事です。
但し、古銭の中にはプレミアが付くものもあれば、価値が無いものも在るのが特徴です。
天保通貨は天保の時代に流通された貨幣で在る事からも、天保通宝と言います。
天保通宝には全部で24種類に分ける事が出来ると言われていますが、発行された時代により刻印されている文字の書体が異なると言った違いが在ります。
現代の貨幣においても、過去に流通されていた5円硬貨、50円硬貨、100円硬貨と言うのは異なるデザインになりあますが、天保通宝と比較すると種類の数と言うのはそれほど多くは在りませんし、昭和以降に発行された貨幣の場合、銀行に持って行く事で現在の貨幣と両替が出来ると言った特徴が在りますが、天保通宝など古銭については古銭買取りを行っている古銭商を利用する事で買取りが可能になる事も在ります。
因みに、天保通宝の中でも幕末の時代に鋳造されたと言われている、南部小字、会津広郭長足室などは希少価値が高い事からも古銭買取りのお店では高い評価を得る事が出来ると言われています。
高い評価を得る事が出来る理由は、古銭を鑑定する能力を持つ鑑定士がいるからであり、幅広い知識を持つ鑑定士がいる古銭買取りの専門店を選ぶ事で評価を高められる、高額で買取りをして貰えると言うメリットが在ります。
尚、優良業者についてはこちらを参考にされるのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です