古銭買取りの豆知識、寛永通宝価格について

寛永通宝は日本の貨幣の一つで、江戸時代の中で広く流通されていた銭貨です。
時代としては1636年の寛永13年より幕末の時代まで鋳造されていたと言われています。
寛永通宝は古銭の中の1つではありますが、このような古い時代のお金が家の中を整理している時に出て来ると言う人も多くいます。
貨幣は使うために在るものですが、古銭のように集める楽しみと言うものが在り、先祖代々引き継がれている貨幣も存在していると言う事です。
尚、寛永通宝価格と言うのは、古銭商のホームページを利用する事で価値を知ることが出来ます。
古銭商と言うのは古銭を取り扱う商売を行っている専門店で、ホームページが在る古銭商も多く在り、その中に寛永通宝価格表などが掲載されているものを調べる事で価値を知ることが出来ると言う事です。
尚、古銭商のホームページに掲載されている寛永通宝価格表と言うのは、寛永通宝を販売する時の価格で在り、古銭買取りを利用した場合の金額とは異なります。
販売時には買取り時よりも高い値段で販売が行われることになるため、この価格表に記載されている金額よりも安くなりますが、寛永通宝には色々な種類が在るため、所有している古銭の価値を調べる時などに便利です。
寛永通宝価格を知りたいと言う時には古銭商のホームページをチェックする事で販売価格を見る事が出来ますが、寛永通宝価格と言うのは種類により異なるのが特徴で、150円から500円程度の金額で販売されているものもあれば、1500円前後の値段で売られているものも在りますし、二水永と呼ばれている寛永通宝については2万円から4万円と言った価値を持つものまで様々です。
寛永通宝は中央に四角い穴が開いている穴銭、そして穴の周りには4文字の寛永通宝が刻印されているのが特徴で、寛永通宝の刻印書体は種類により色々なものが在るため、所有している寛永通宝がどれになるのかを知ることが大切です。
因みに、寛永通宝には二水永、芝銭、浅草銭、坂本銭、水戸銭、仙台銭、吉田銭、松本銭、高田銭、岡山銭、長門銭、竹田銭、岡山銭、建仁寺銭、沓谷銭、鳥越銭と言った種類が在り、二水永は1626年の寛永3年、鳥越銭は1656年の明暦2年の時代に流通されているなど、時代に応じて価値も変わるのが特徴で、日本の古銭と言うのは古銭商のホームページ以外にも、古銭買取りの時に価値がどのくらいあるのかを調べるのに便利な貨幣カタログも在ります。
尚、寛永通宝価格については、こちらの「画像の寛永通寶という古銭を持っています。」を参考にされるのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です