旧札などの紙幣の価値と古銭買取りについて

現在流通されている紙幣は1000円、2000円、5000円、1万円の4種類が在りますが、1000円札には甲号券、B券、C券、D券、E券の5種類が在り、流通されているのはE券の1000円札のみとなります。
甲号券の表面には日本武尊と建部神社、B券の表面には聖徳太子、C券の表面には伊藤博文、D券の表面には夏目漱石、そして現行の1000円札でもあるE券は野口英世が描かれているなど、時代とともに1000円札の図案は変更されており、甲号券やB券~D券と言った旧札はお店などで利用する事が出来ません。
但し、これらのお札は銀行に持って行くことで現行品の1000円札と両替を可能にしているのが特徴で、1000円札は旧札の場合でも1000円と言う価値を持つと言う事になります。
古銭買取りのお店の場合は、旧札の中でもプレミアが付いているものなどの場合、1000円以上の値段で買取りをして貰えることも在りますし、これは1000円札だけではなく、5000円札や1万円札などについても同じことが言えます。
また、従来流通されていた100円札や500円札と言ったお札の中にもプレミアが付いているものも在り、お札の状態が良いものなどの場合、額面を上回る高価買取りになるケースも在りますし、現在流通しているお札の中にも価値が在るものも存在しています。
明治初期の紙幣には10銭、20銭、50銭と言った現代の通貨とは異なるお札、1円札や10円札と言った現代には存在していない額面のお札などが流通されており、これらの旧札は古銭としての価値を持つと言われています。
古銭買取りのお店に在籍している鑑定士は、こうした古銭に詳しい人々であり、現在市場の中で流通されている相場を把握した形で査定を行ってくれるため、プレミアが付いている旧札などの中には数十万円以上の価値を持つものなど高額査定を可能にしていると言った特徴も在ります。
また、プレミアが付けられる紙幣の中には印刷時に生じた不良が検査工程で漏れてしまい、流通されているケースも在り、希少価値が高いお札と言う事からも高額で買取りが行われる事も在ります。
尚、お札には連番と言う番号が付いているのですが、この番号によってもプレミアが付くものも在ります。
詳しくは、「あなたの財布入ってるかも?!超高額なレア紙幣まとめ」を参照して貰えれば、どのようなお札がプレミアが付くのかを知ることが出来ますし、これは旧札だけではなく現在流通されているお札についても同じことが言えるため、お財布の中に入っているお札をチェックしてみるのもお勧めと言う事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です